2006年10月29日

10月のクリスマスツリー

10月のクリスマスツリー
Presented by Sky Theater PROJECT
24tama-mini.gif トルグマ賞
 Entry No.9
 制作時間:23時間43分
 お題:バスの運転手・クリスマスツリー・試着室


24eiga_trailer_0009.jpg

横浜のロケーションワークが実に巧み。お題のクリスマスツリーを上手にオチに絡めてくるあたり構成力も半端じゃない。とぼけた味のある主人公は最後の一幕の為だったか!と。スグ殴る女と付き合うのは個人的にはご遠慮申し上げるけれども、等身大のラブストーリーに仕上がっていて共感がもてる。どこよりも"10月14日"を感じさせてくれた一本だ。
posted by 24eiga.com Staff at 14:00| Comment(4) | TrackBack(2) | SkyTheaterPROJECT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうも。
監督を致しましたアツシです。
私どもの作品をご覧頂けましたら幸いです。

忌憚ないご意見ご感想お待ちしております。
Posted by アツシ at 2006年10月31日 01:22
常識的に考えて24時間で映画をつくってみんなヘトヘトにでもなってなくて、冷静に作品を評価していれば、どう考えても画のクオリティも音楽のクオリティも脚本のバランスもこの作品は一番すごいといえるポイントが一番多い作品だったと思いました!
僕らなんか三脚なんか1回も使ってないし、24Pで撮っているところもすごいし偉いし、ロケハンもかなり入念にされているところも映像見るとわかりますし!自然な人間性や、雰囲気や情緒にも気をくばっていて、見ていて安心できる映画ですごいと思いました!
僕がコメントしてもありがたくないかもしれませんけれど自分にはこんな上品で丁寧な映画は絶対作れないです!今回はおつかれさまでした!!
Posted by なんでも at 2006年10月31日 03:34
連投ですみません。
夕方のマジックアワーにクライマックスをばっちり撮影しているところも感服いたしました。二人の人物もそこらへんのテレビドラマのキャラなんかよりも自然な演技で憎むところもなく、親近感と温かみがあって、小龍包みたいに肉汁たっぷりの映画で、今後の作品が楽しみです!
騒がしくて失礼いたしました。。
Posted by なんでも at 2006年10月31日 03:45
なんでもさん
コメントありがとうございます。
この作品では全くロケハンをしませんでした。
山下公園に行ったのは初めてです。
以前から使ってみたいとは思っていたんですけどね。
まあ、時間帯で夕景は読めるので、それだけでなんとかなると思っていたのですが、実際は山下公園には休日を楽しむお客さんが大勢居て、あまり撮影ができない状況でした。
そして、遊覧船のアナウンスがとても煩かったですyo。

出演者の方には本当に感謝しております。台本も作らず、ほぼ設定のみで演じてもらっています。
まあそんな感じでできた作品です。
音楽は当日音声をやってもらう子に適当にBGMを頼んで持ってきてもらいました、ちゃんと24時間のなかで私がセレクトしました。
24時間とう制約を目一杯楽しみましたねぇ。
Posted by あつし at 2006年10月31日 11:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

10月のクリスマスツリーPC配信
Excerpt: 先日、中原充・海野朋子・川連廣明・上田晴美の4人が参加した第1回「24時間映画祭」の映像作品のネットでの配信が、モバイル配信に続き、始まりました。 以下のリンク先より、視聴可能です。 ⇒10月のク..
Weblog: スカイシアターBLOG
Tracked: 2006-10-31 15:18

10月のクリスマスツリー
Excerpt: ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、先日10月14日〜15日に「当日、会場でお題をもらい、24時間以内に短編映像作品を作って提出する」という映像コンテスト第1回「24時間映画祭」というのが渋谷で..
Weblog: 某茶房拾遺伝
Tracked: 2006-10-31 15:39
もっと読みたい人は右側の「カテゴリ(チーム)」「過去ログ」からどうぞ。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。